マンチェスターユナイテッド、今季リーグ戦3敗目 弱い

日本代表の10番、香川真司選手が所属するマンチェスターユナイテッドが、
今季リーグ戦、3敗目を喫しました。
まだ、リーグ戦始まって6節です。
一体どうしたのでしょうか?
マンチェスターユナイテッドと言えば、毎シーズン優勝争いが義務つけられてるチームです。
それなのに、今季のマンユーは中位のチームのような戦いぶりです。

ハッキリと変わった点は、監督です。
前監督のファーガソンは、非常に長い期間マンユーの監督を務め、その間、マンユーを
世界のトップレベルのクラブに君臨させ続けました。
そのファーガソン監督が、年齢的にもはや監督業を続けるのが困難になり、モイーズ監督に
変わったわけですが、監督の采配の力量がそのまま、チーム力の低下に
つながっているみたいです。

よく言われるのが、サイドにテクニカルな選手を置かない、ということです。
守備力を重視しているのか、フィジカルに優れた選手をサイドで重用しています。
これのせいで、香川選手は試合に出られません。

このまま、負けが込むようですと、モイーズ監督は、シーズン途中で解任もあるでしょう。

32レッドカジノTOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ